もしもパチスロ”メギド72”があったら | にャンころメギド72☆

もしもパチスロ”メギド72”があったら

パイモンリアル系
パイモン
スポンサーリンク

学生時代はパチスロが好きでよく打っていました。

最近はスマホゲームからもスロット機が登場しています。

そこでもし『メギド72』がパチスロになったら!!
どんなものになるか元スロッカスのわたしが妄想していたのでそれを文字に起こします。笑

スロットイメージ
スロットイメージ(Pixabayより)

イラストとか描けたら良いんやけど全く描けないのでわかりにくいかもですがお楽しみいただければと思います。

6号機の基準を考えると面倒くさいので(というか6号機はほぼ知らない。)
5号機のスペックですがすみません。

登場メギドは色々いると大変なので祖メギドのメインストーリー組のみ出演。

基本スペック

ボーナス+ART
(ART純増1.5枚)

ART;星間の禁域
1セット40Gのゲーム数上乗せ+継続バトル。
ゲーム数消化で大幻獣との継続バトルへ。
ストックがある場合はストック消費。

機械割;考えとらん。計算できん。

子役

リプレイ;アタックフォトン揃い

ベル;スキルフォトン揃い

チャンス役;チャージフォトン1個、2個揃い、3個揃い

チャンス役(チェリーの役割);単マジカルトリュフ(強弱はなし)
キノコと表記。

ボーナスの種類

青7(通常BIG;ソロモンボーナス)

ソロモン
ソロモン

当選契機;子役成立時の一部
獲得枚数204枚。
ボーナス中は7揃い演出あり。7揃いでART確定。(平均1回)
カットインは3種類。
ソロモンカットイン青(7揃い期待度10%)
シバカットインピンク(7揃い期待度40%)
アスモデウスカットイン金(7揃い確定)

2回目以降の7揃いは不死者をストック。(ART継続確定)

赤7(プレミアムBIG;アスモデウスボーナス)

アスモデウス
アスモデウス

発動契機;フリーズ
獲得枚数204枚。ART確定+ボーナス中の平均青7揃い6回
ボーナス後はVSアスモデウスの上位ART『混沌より愛をこめて』

フリーズ発生時の獲得期待枚数は…秘密。(計算できん。)

天井

天井;ボーナス、ART、チャンスゾーン間10周期(通常時720G以上)でチャンスゾーン確定。
20周期(通常時1440G以上)で『混沌より愛をこめて』確定。

チャンスゾーン間なのでチャンスゾーン中のゲーム数は天井までのG数としてカウントされない点を注意。
デモ画面中のPUSHボタンを押すことで何周期目であるかが確認できる。

72G毎にチャンスゾーン抽選。(チャンスゾーン当選率20%)

通常ステージ

通常時はヴァイガルドの王都や森、洞窟を移動。
ペルペトゥムステージで高確示唆。

ブネ、モラクス、ウェパルが固定でソロモンと行動。
子役などによりシャックス、バルバトス、ガープ、マルコシアスが合流・離脱を繰り返す。

メギドラルステージはチャンスゾーンの前兆ステージとなり、レア子役でのチャンスゾーン当選やゲーム数でのチャンスゾーンの当選の期待度が上がる。

ARTやチャンスゾーン中は星間の禁域のステージ。

チャンスゾーン;メギドクエスト

ゲーム数周期とチャージ揃いの一部で突入。
Total ART期待度33%
突入時にRT状態となる。

VSパイモン
VSパイモン

不死者とのガチバトル。HPを削り合って相手のHPを0にすれば勝利となる。こちらのHPは10。

ベレト、ベリアル;勝利期待度高 HP10
パイモン、バエル;勝利期待度中 HP15
バラム;勝利期待度低
 HP20
アスモデウス;登場で『混沌より愛を込めて』へ。天井到達時の接触演出が発生するのみ。

1G毎に攻守が交代する。
・アタックフォトンで敵のHP₋1と覚醒ゲージ+1
・スキルでスキル発動
・チャージ役で覚醒ゲージ増加。(停止数により覚醒ゲージの獲得数が変化する。)
敵のターンにレア子役出現で敵の行動はキャンセルとなりこちらの特殊演出となる。
ゲージが10ありすべて貯めた状態になれば奥義が発動となり勝利濃厚。

メンバーは通常ステージで獲得したメギドたちで突入する。
こちら側は基本的にブネ、モラクス、ウェパルが登場し行動する。
スキル成立時は
・ブネ;強攻撃(HP₋2)
・モラクス;強攻撃(HP₋2)
・ウェパル;次ターンもこちらの行動

チャージ役成立時は1個でガープ、2個でバルバトス、3個でマルコシアスが登場し、スキル行動をおこなう。
・ガープ;ダメージ半減、覚醒ゲージ+2
・バルバトス;HP5回復、覚醒ゲージ+3
・マルコシアス;めまいによる相手の行動キャンセル(相手で数えて2ターン)。覚醒ゲージ+4。

キノコ役の成立でシャックスによる感電の演出が発生し敵の行動キャンセル(相手で数えて2ターン)となる。

それぞれ対応のメギドを連れて突入できていなかった場合対象のメギドの召喚演出が発生。(覚醒ゲージは対応数+される。)

ART;星間の禁域

1セット40Gのゲーム数上乗せ+継続バトル。
ゲーム数消化で大幻獣との継続バトルへ。

星間の禁域
星間の禁域

レア子役成立時にゲーム数上乗せ抽選 or 召喚チャンスの抽選を行う。
召喚チャンスでは通常時に合流するメギドに加えアスモデウス以外の不死者が登場する場合がある

不死者召喚時は継続確定となりBGMが変化。
ART中に7揃いカットインの発生もあり7揃いで継続確定となりいずれかの不死者が同行する。
複数の不死者が同行している場合はもちろんそのメギド数以上のストックがあることを示唆している。

継続バトルはガチ抽選。
システムはメギドクエストと同じ。こちらのHPは10。
リプレイで通常アタック、スキルでスキル使用、奥義発動で勝利濃厚となる。

不死者がいると勝利濃厚。
ストック所持時は不死者が奥義を発動し勝利が確定する。

登場する大幻獣は
・死をあやす者 HP10
・ベインチェイサー HP12
・輝竜アシュトレト HP15
・真珠姫ルゥルゥ HP18
・氷龍帝オロチ
 HP20
であり順に危険度が増す。

ストック特化ゾーン;混沌より愛を込めて

フリースやゲーム数天井により突入するプレミアムステージ。
継続率は67%、80%の2種類で5G毎の継続抽選。
レア子役成立時は書き換え抽選と勝利が確定していればストック追加の抽選あり。

アスモデウス
アスモデウス

開始時にアスモデウスがメギド体となれば継続率は67%
ヴィータ体のままだと継続率は80%となっている。
割合は1:1だが突入時のレア子役で継続率80%確定。

このステージでは1G目でラウンド表示
2G目でどちらかが攻撃するかの演出。
3G目で技の発生。
4G目で影響度の判定。
5G目で勝敗の判定となる。

アスモデウスとの決戦
アスモデウスとの決戦

ソロモンサイドが倒れなければストック獲得となる。
また、こちら側のメギドはアスモデウス以外の不死者が登場する。
こちら側のメギドによる勝利期待度は”メギドクエスト”での難易度の通り。バラム登場でチャンスとなる。

どちらの攻撃にも弱攻撃(アタックの演出)、中攻撃(スキル演出)、強攻撃(奥義発動演出)があり期待度が異なる。

敗北後の復活演出

シバの女王のカットインが発生。
『まだじゃー』からのハルマ登場して撃破。

アスモデウスが登場し奥義を発動。

上記の2種類。

あとがき

わたしの妄想。
『パチスロメギド72』でした!!笑

あったらマジで打ちたい!!って考えて妄想した台です。
現実化することがあればおもしろそうじゃないですか!?笑


というわけでトンチキ記事でしたー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました