【イベント】When’d he go into there? 感想など | にャンころメギド72☆

【イベント】When’d he go into there? 感想など

When'd he go into there?イベントストーリー
When'd he go into there?
スポンサーリンク

イベント『When’d he go into there?』の感想などやってきます。

When'd he go into there?
When’d he go into there?

——アイツが「仲間」になってくれれば
嬉々としてついてきたかもしれんな…——

かつての仲間との再会。軍団の中で経験したメギドたちもいるが、大体が仲間になっていた。
では、バラムと彼の副官のように、完全な敵として現れたら?
パイモンは考えていた。
そのころ、トーア公国領内で村人が森に入ったまま戻らない事件が起きていた。
村に先行していた調査隊でもある騎士団も戻ってこない。
しかも、村の狩人が一人で森に向かったという。

森に入るソロモン一行。響く銃声。アリオクから「腐臭」がすると言われ…。

イベントの時系列

イベント時系列
イベント時系列

今回のイベントの時系列は7章と8章の間

最初の方

冒頭から不穏
冒頭から不穏

メインヴィランのウェンディゴ。
恐ろしい能力でした。

かつて上下関係があったメギド
かつて上下関係があったメギド

結構多くの組み合わせがありますよね。セットで登場もあればあとで関係がわかったメギドたちもいます。

潔癖のカノジョ
潔癖のカノジョ

アリオクさん潔癖なんですね。
潔癖な人は少し苦手です…。(奥さん潔癖だが。笑)

研究メギド
研究メギド

研究者の話が出ましたね。
サタナキアはもちろんですが、それ系統ということであれば他にも名前があがります。
転生してからってメギドもいるかもですが。

重要なキーマンとしてイェーガーってヴィータと行動をしました。
行方不明の弟を探していましたが…。

加工された…
加工された…

ていうかセンシティブでよかったのでは…?
個人的にはかなり…でしたが…。
肉の加工なんて刺激が強すぎたよ…

変な噂も
変な噂も

魔女みたい。
食べたら同じ能力を得るって確かにありそうな話には聞こえるもんなぁ

やはりグロい
やはりグロい

ほら、グロい。

過去にもあった絶望
過去にもあった絶望

ヴェルドレの件ですね。残酷なことはどの世界でも起こり得ます。

イェーガーの異変
イェーガーの異変

そして起こる異変。自身をウェンディゴと言いました。

パイモンの部下
パイモンの部下

カンセリエ

セリエとカンセ
セリエとカンセ

パラジスを疑っていたところと街の人々のメギドへの反応を見てセリエとカンセの影を感じる。

住民意識を使う
住民意識を使う

ヴィータには手を出し辛い…。
こういう手は効きますね。

パラジスに類似したもの
パラジスに類似したもの

アリオクはこういったこともできるんですね。
研究員メギドやから得意か。
解剖で色々と判明。

まさかのガンコナー
まさかのガンコナー

ええええ!?ガンコナー??
リャナンシィの師匠でアマゼロトに倒されたメギドです。

パラジスとの関連は…描写なかったですよね?
もしあったら教えてください。

整理
整理

今回のパラジスは新しい動きをしていました。
ウェンディゴの能力との関連でメギドに対してとヴィータに対しての動きの違いといったところでしょうか。

デカラビアが普通に一緒にいることに対して
デカラビアが普通に一緒にいることに対して

そうなんですけどね。
問題児はいっぱいいますから…。

かなりの変異をしている
かなりの変異をしている

アリオクが調査を続けて核心に迫る。

結論
結論

違う生物へ作り変えられていたという結論に。
もうアザセルも驚きの能力でしょう…。

ウェンディゴ

過去のパイモン
過去のパイモン

パイモンの軍団の話が出てきました。
真っ二つ、かじられる、粉々、刺される。

アレルゲン軍団
アレルゲン軍団

アレルゲン軍団、すごい名前だ。

能力の覚醒
能力の覚醒

生き残ったウェンディゴは無意識ながら能力が覚醒します。

ウェンディゴの変化
ウェンディゴの変化

それから変化が…。
パイモンの方が先に追放されたはずですが、この能力を使って恐ろしい軍団も作れたはずですから、早く手を打ってきた懲罰局はさすがというべきか…。

その際も報告はあった
その際も報告はあった

その際アリオクの耳にも入っていたようですね。

カンセがウェンディゴ
カンセがウェンディゴ

そしてまさかのカンセはウェンディゴでした。
追放メギドでようやく覚醒したと。
セリエからすると悲しいところです。
面倒みていた同僚が恨みの対象であるメギドだったわけですから。

ウェンディゴを食べたらウェンディゴになる
ウェンディゴを食べたらウェンディゴになる

能力の発動条件は体の一部を接種すること。
幻獣はウェンディゴを食べたのでウェンディゴになり守るために戦ったと。
血でも口に入ってしまうとダメなので返り血も気にしなければならない。
強すぎる能力です。
ひとりでヴァイガルドを破滅させることもできる能力です。

一種一個体
一種一個体

まさにメギドの常識破り。
さきほどもアザゼルの名前を出しましたが、また違う感じですよね。
同じアザゼルでもそれぞれの個は最低限あるようでしたが、これはウェンディゴに成るわけですし、あくまで本体はあるわけですからね。

かつての部下を倒す
かつての部下を倒す

強い意志のパイモン。かっこいいです。
本当なら仲間に迎え入れたいところでしたが。

フルカネリ商会との因縁も決着
フルカネリ商会との因縁も決着

これでフルカネリ商会との因縁も決着。
意外と早い終わりでした。
メギドラル侵攻の前に終わっていたんですね…。
ここは悲しい場面です。

パイモン

気にはしていないパイモン
気にはしていないパイモン

ダムロックとも交流あったパイモンとバラム。
やはり特別だと思います。

誓い
誓い

意思は継がれていく。
かつてのパートナーの孫ですからね。
そりゃ守る力入りますわよと。

バラムも記念イベントで身体張っていましたが、特別この2体はソロモンを守ることに対して強い想いがあるのではないでしょうか。

あとがき

いやあよかったですね。

パイモンの過去にも触れられていて、カンセリエとの因縁も決着。
ヴィランもしっかりと強力でした。

というかイベントタイトルをカタカナにすると
『ウェンディゴ イントゥ ゼア』だとは!!!
おしゃれかよ!!!!!!

ということで感想かなり遅めでした。
忙しい日が続いていたためです。すみません。

もう今年最後です!
年明けはサバト報告含め投稿していきますのでよろしくです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました