オセが強い!!エクウスVH、アドラメレクVHを攻略!! | にャンころメギド72☆

オセが強い!!エクウスVH、アドラメレクVHを攻略!!

オセステージ攻略
オセ勝利
スポンサーリンク

もうかなり前ですがオセに専用霊宝が追加されました。
そしてそれが強いのなんのって。攻略や周回と大活躍しています!!

オセ
親しみを込めてオセにゃんと呼ばせてもらっている。

それでは2つのVHのステージの攻略です。

55-6 VH 『凶星、現る』

55-6
55-6

資源採掘跡

少し面倒な敵です。
高難易度ってほどでもないですが対策を練らないとやられますので攻略に迷うステージではあります。

にャんこ
にャんこ

※当攻略記事は筆者がクリアしたパーティーの紹介となりますので特定のメギドが必要となります。ご了承ください。

エクウス・悪疫爪

エクウス
BOSSエクウス

BOSSであるエクウスのステータス

VHでは特性により覚醒ゲージがMAXの状態で登場します。
そして覚醒ゲージがMAXでないと大きなダメージを与えることができます。

エクウスが行動する前に覚醒ゲージを減らす必要がありますね!!

奥義を撃たれるとゾンビ化しスキルの回復でダメージを与えられてしまいます。
攻略としては速攻で倒すかゾンビ対策をするかですね。

悪疫爪
悪疫爪

とりまき。
これが2体います。

特性により毎ターンスキルor覚醒スキルが飛んでくることになります。
どちらも強力というか奥義もすごいですね。笑

そして攻撃力が高いです。フォトンが強化の状態でアタックやスキルをくらうと危ないです。

とりあえずは速攻でエクウスを落としてしまうことが攻略のカギとなりそうです。

攻略に挑むパーティー

ラッシュパ
ラッシュパ

よくあるパイモンを中心においたラッシュパボティスを加えています。

ボティスはもちろん悪疫爪対策です。
彼女はかばう自身に2回バリアを貼るのでとても優秀です。

ボティス
ボティス

もちろんリーダーのパイモンも必須です。
1ターン目にスキルを撃ってもらいます。

それにより覚醒ゲージをマイナス1させてダメージを通りやすくするのと奥義を撃たれないようにします。

パイモン
パイモン

ナベリウスはオーブでバフ係です。

ウァサゴは奥義で全体に覚醒+1をする係。
これにより1ターン目からオセが奥義を撃てます。

そして今回大活躍するアタッカーがオセです。

オセ
オセにゃん

ただのオセではダメです!!
彼女は専用霊宝が登場しているのでそれを使います!!

オセ霊宝
オセの専用霊宝
<剛>猛虎の鈎爪

この専用霊宝が追加されたことで劇的に強くなりました。

オセ
オセステータス

元々の奥義に”自身にアタックフォトンを追加”が増えました!!!

覚醒ゲージが2のオセにとってこれはかなり大きいです。
上手く使えば1ターンにアタック強化された奥義を連発できます。

エクウスを倒す!!

エクウス
エクウス

まず確実にパイモンにスキルフォトンを!!

ウァサゴも奥義!!
オセの最初の奥義はアタック強化目的でもあるので撃って良しです。

そのあとはオセ!!オセ!!オセ!!です。

オーブで手数も増やせますしそりゃあもう、オセの強さを目の当たりにしますよ。

パイモン
パイモン奥義

余裕あれば彼も奥義をかまします。

オセ
オセ勝利

56-6 VH『積み重なる世界』

56-6VH
56-6VH

続いてのステージのボスも同じパーティーでいけます。

アドラメレク

アドラメレク
アドラメレク

ストーリーではホントにコテンパンにしたくてたまらなかった敵ですよね!!

アドラメレク
アドラメレク ステータス

覚醒状態だとダメージ通らないし奥義撃ち放題とかいう無敵状態に入ります。

なのでさきほどと同じですね。
パイモンのスキルで覚醒ゲージを下げつつオセで攻める!!!!!

内容はさきほどと同じになるので省略します。

倒すと専用オーブが
倒すと専用オーブに

ウェパルの専用オーブとなります。

強力なので作っておきたいですね。

ラッシュパはおすすめ!!

ラッシュパに必須級のウァサゴ
ラッシュパに必須級のウァサゴ

そしてやはりウァサゴが重要ですね。
パイモンのマスエフェクトとウァサゴの奥義の組み合わせが強いです。

オセ以外でもRアモンやウヴァルも同様の動きができますね。

最近はベヒモスが手に入ったので

新ラッシュパ
新ラッシュパ

にゃんにゃんとわんわんを並べて戦ってます。笑
この2人いると爽快です。

考えたくないステージはこれで突入しています。
イベントだと火力がさらに上がっているのでより楽しいですよ♪

パイモンのラッシュパはかなり使いやすく編成しやすいのでぜひ作ってみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました