【イベント】変わる心、変わらぬ心感想!! | にャンころメギド72☆

【イベント】変わる心、変わらぬ心感想!!

チェルノボグ&アルマロスイベントストーリー
チェルノボグ&アルマロス
スポンサーリンク

イベント『変わる心、変わらぬ心』

クリアしましたでしょうか。

今回はイベントの感想です。

変わる心、変わらぬ心
公式ページよりコンセプトアート

事前にアルマロスの登場が明らかになっていたので、彼女の言う探していたメギドがチェルノボグであることは予想はついていましたね。

ただ、アルマロスを絡ませるのでデミウルゴスが大ヴィランとして登場することを期待していましたがそうはなりませんでした。

そうなるとデミウルゴスは本編で重要なメギドとして絡んでくるのかもしれませんね。

アジトの修繕が必要だが、資金難に悩むソロモン。
そこへイポスが古い知り合いからの依頼で、侵入者に狙われたギャングのボスを護衛する任務を
持ってきた。ボスを知っているウァレフォルと仕事中にあるミスを犯したアロケルが任務に同行する。
ボスの屋敷では、イポスの傭兵団員が調査しているが侵入経路はいっこうに見つからない。
そんなとき、町に幻獣が現れる。ボスの屋敷を執拗に狙う幻獣の動きに、ブネはメギドの関与を疑う。
幻獣を退けたものの、なぜかアロケルが戻ってこない。
アロケルはどこへ行ったのか…。
そして、ボスがメギドに狙われる理由とは…?

メインクエスト7章と8章の間の時間軸で展開
メインクエスト7章と8章の間の時間軸で展開

ってことで感想いきます!!!

感想(順に)

捜索?
捜索?

いきなりアルマロスが夢見を使ってなにかしているところ。
エスピオンなる部下が調査に行っている模様でした。

ウァレフォルとイポスの因縁
ウァレフォルとイポスの因縁

実はこの2体の間にあった因縁についてはCサレオスのキャラストで触れられています。
お互い多くの死者を出したとはありましたが、まさかウァレフォルの右目の原因が直接イポスであったことは驚きました。

今回のソロモン同行メギドはブネ、ブニ、ウァレフォル、イポス、アロケルでした。

追放メギドの覚醒までかなり時間がかかってしまった
追放メギドの覚醒までかなり時間がかかってしまった

この時点ではまだ覚醒していませんでしたが、ここまでかかってしまうメギドもいるのですね。
まあ気付かずにって話も確かあった気がしますが、メギド72陣営ではあまり長く気付けていないてメギドはいなかったので初になります。

それもヴィータとしてはイポスとウァレフォルとは旧知の仲ということで世間狭すぎや!!ってことですね。
そして久しぶりの追放メギドの登場かと思います。

テキトーネーム・ラギル
テキトーネーム・ラギル

裏切るメギドの名前がここで登場。のちに姿も出てきます。
アロケルのキャラストにも登場しましたね。
懲罰局へチェルノボグを売ったメギドです。
あとはニーガスが出て来ていましたかね。

テキトーネーム・コローシャ
テキトーネーム・コローシャ

今回のヴィランであった軍団長のコローシャ。
アルマロスに転がされただけでしたね。

テキトーネーム・アッサシ
テキトーネーム・アッサシ

アサシンなのか?副団長は新モブデザインで登場。

妻2人に容疑が…!?
妻2人に容疑が…!?

暗殺を企てているのがだれなのか。ってところでしたが中盤では妻の2人に容疑がかかりました。
結局は幹部の3人が犯人でした。この妻2人は素性を知った上でいつ自分を襲っても良いとして妻に迎え入れたというチェルノボグらしい対応でした。
一緒にいる内に真実に気付き、オブラに信頼を寄せるようになっていたようですね。

優秀な部下
優秀な部下

暗殺者役を演じてみせたエスピオンですが、実力もあるようでしたし、今後もアルマロスを切り札として使う時に活躍してくれそうですね!!

アロケルとチェルノボグ
アロケルとチェルノボグ

呪いの指輪により、メギドとしての記憶を強制的に引き出されたチェルノボグは本来の戦い方を発揮していました。
そこでアロケルがメギドラル時代に所属していた軍団の軍団長がチェルノボグであり、アロケルはそこの副長であったことが判明しました。

メインストーリーでも謎が深いと言われていたアロケルでしたが、ここに来て色々と明らかになってきましたね。

ヴィータ体について
ヴィータ体について

実際に剣術は教わったのですがきちんと応用したのは軍団が壊滅した後だったんですよね。

そして追放後に、なんでヴィータ体がメギドラル時代で模倣していた姿と同じになるのー???
って疑問ですがめちゃくちゃグレーになってます。

とりあえずようわからんけど一緒になるってことなんですよね。
親はさぞ驚くでしょうね。
自分に似ないんですから。

チェルノボグ軍団は全滅
チェルノボグ軍団は全滅

チェルノボグの軍団は全滅し、残っているのはアロケルのみ。
軍団の壊滅する要因にアロケルはいち早く気付いて報告していましたが、今回と同様、部下を信じるという形で見逃していた結果そうなってしまいました。

アロケルの強さ
アロケルの強さ

アロケルの天才肌的な強さですが、懲罰局のメギドを10人殺したと言われていました。
実際は雑兵をもっと倒しています。
しかもこの10人は幹部的な位置のメギドのことですよね多分。
詳細はキャラストにあります。

目的はアルマロス
目的はアルマロス

懲罰局のターゲットはアルマロスでした。
チェルノボグに守られたと感じていたアルマロスは追放されたことを調べ上げて助けるために動いていたのですね。

この2体はメインストーリーで大きく絡んでくると予想していますのでこれからが楽しみです!!

アロケルのキャラスト

Cアロケルのキャラストは、ただ強いよーって内容なんですが、Rアロケルのキャラストではこのイベントの補完的な内容となっています。

アロケルがリジェネレイト!!
アロケルがリジェネレイト!!

チェルノボグに拾われたときの話から、壊滅までが描かれており。1人生き残ったアロケルは望まない復習を始めます。

捕まった後は実質の死刑として檻に入れられますが、ここでメギドはあまりしない『寝る』という行為がフォトンの消費を抑えるだけでなく、なにか特別なものがあると気付くんです。

結果的に食事を取らなくても50年生き続けたため、懲罰局になにか指令を出された上で追放されるのですが…。

ここでまた謎が残ってしまうんですねー。
まだ見ていない方はぜひ見てください!!!!

では!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました