アザゼルキャラスト☆意外な才能発掘!?心優しき暗殺者 | にャンころメギド72☆

アザゼルキャラスト☆意外な才能発掘!?心優しき暗殺者

アザゼルキャラスト紹介
アザゼル
スポンサーリンク

アザゼルのキャラスト後編です!!

いやぁ、星4、5のアザゼルがかっこよすぎて…。

アザゼル
アザゼル

星6になると素顔が現れます!!
イケメンですよぉー。

ではではいきましょうー!!
5話から8話までです!!

第5話

アザゼルが倉庫に続く道に立っている。
しばらく立っていろとバフォメットに言われたらしい。

商いの手伝いをさせることは諦めたのか…。

アザゼルは何も気にしない?
アザゼルは何も気にしない?

アザゼルは標的を狙うために何日も樹の上で過ごしたこともあるし、与えられた任務を遂行するという考えのため命令に対して疑問を抱かない。

7日くらいは立っていられるらしい…。

ウァレフォルはバフォメットに話をしに行く。

仕事を与える手助けをしている目的は仕事を通じて世間を学ばせることであって金を稼がせるためではないと忠告。

大事な商いに関する書類と私用の書類がごちゃまぜになってしまい整理に困っているようだった。
その仕事をアザゼルに任せれば良いのでは?と言われる。

見られてはマズイものもある。
見られてはマズイものもある。

アザゼルならヴァイガルドの世界の善し悪しもわからないし、言うなと言われれば絶対言わないはずだと言うと納得し手伝ってもらうことに。

アザゼルに仕事の内容を説明すると理解はしたが…。

文字を読むことができないと言う。

第6話

よくよく考えればそうだ。メギドラルでヴァイガルドの文字に触れる機会はあまりない。

アザゼルはヴァイガルドに潜伏していたことはあってもヴィータの文化に触れることは禁止されていたため習得できていない。

アザゼルに読み書きを教えるため”アジト”へ向かう。
アジトではマルファスが教えているらしい。

アジトではジズとコルソンがいる初級コースから入ることに。

目線をちゃんと合わせている。

絵本を読んでいるのか、アザゼルは太陽やお花に顔が書いてあることが不思議でしょうがない。

顔に傷がある強面と子供2人が文字を学んでいる…。すごい光景だ。

ひとつ上のコースにはアモンやキマリスがいるらしい。

初めて見ながら文字を書いてみたアザゼル。
コルソンがすごいと言っているのでウァレフォルが見てみると驚いた!
なんと見本を透かして見ても全く同じ文字を書いていたのだ!!

全くズレがない
全くズレがない

同じものを書けと言われただけだというアザゼルだがこれはすごい才能だ。

他のアザゼルを模倣して同じ姿になったこともあり人の真似をすることに極端に長けているということだ。

感性が少し不安だが、絵の仕事が向いているかもしれない。文字もすぐに覚えられそうだ。

第7話

真面目なアザゼルは復習をしようとしている。

そこへインキュバスが。

インキュバス
インキュバス

学ぶことに図体の大きさなど関係ないと思うがとアザゼルが真面目に答えると
インキュバスは間違っていたと謝った。

アザゼルはまたなにか間違いを犯したかと不安になったと言っているが
ものすごいスピードで文字を吸収しており、かなり難しい単語まで習得しようとしていた。

これは危険…!?
これは危険…!?

このままでは早々に第二のフォカロルが誕生すると危惧したインキュバスは”生きる喜び”を教えてやると言い、ある場所へ連れ出す…。

・・・。

連れて来たのは酒場。

インキュバスはアザゼルにナンパを教えようとしていた。
実践すると言い、ウブそうな娘に声をかけ、能力を使い女をモノにした。

とりあえず褒めろ、そしてダメなら花でもくれてやれ。

アザゼルは実践に向かった。

これでこちら側に引き込めた!!
これでこちら側に引き込めたと確信するインキュバス

元暗殺者でもあり真面目すぎるアザゼルは場合によってはフォカロルより遥かにヤバイ存在になりかねない…。

インキュバスがアザゼルの方へ目をやると…。

よりによってウァレフォル
よりによってウァレフォル

なんとよりによって声をかけたのはウァレフォル。

すかさずウァレフォルはインキュバスを見つけて問う。

「詳しく聞かせてもらおうか…。ここに来た経緯をな。」

第8話

アジトで反省させられているインキュバス。

罰を与えられている
星座させられているインキュバス

クソ真面目なアザゼルがコイツらの影響を受けてみろ。
一気に堕落しかねんぞ。
真面目なヤツほどそういうのはあっという間だからな。

とナンパを教えようとしていたことにウァレフォルが怒っている。

インキュバスは悪気はなかったと言うものの、悪巧みの隠蔽工作をアザゼルにやってもらえば助かると思っていたことを見抜かれていた。

ソロモンはアクィエルに会いに行っているというアザゼルのもとへ。

友達と楽しそうなアクィエル
友達と楽しそうなアクィエル

ビフロンスから預かったハンカチを渡していた。

ソロモンはアクィエルを買い物に誘い、アザゼルにビフロンスが話があるそうなので行ってきて欲しいと言います。

・・・。

アザゼルはビフロンスのもとへ。

非常に良い刺激になっている
非常に良い刺激になっている

最初に治療してくれた医者のロブが実は”庭師”を必要としておりそれが繊細な作業で高い所に上ることも多いのでアザゼルに適した仕事ではないかというのだ。

治療してくれたものの役にも立つので恩返しもできるとやってみることに。
お願いしに行こうとするとアザゼルがビフロンスに”花”を渡す。

花
花を渡す

会う女すべてに花を渡すような真似はやめたほうがいいぞと忠告を受ける。

まだそれもわからないアザゼルに道中で色々と話してやろうとビフロンス。

Fin
Fin

あとがき

これにて終了。

アザゼルめっちゃ好きになりません!?

そしてまた生まれる新たなカップル組み合わせ…。

意味ないように感じるインキュバスとの絡みも最後にしっかり活きてくる…。

良いストーリーでした!!

このメギドのストーリーが結構本編で絡んできますよーとか教えて欲しいって言われていたのでその辺も作っていきたいですね。

それでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました