未実装メギドまとめ(第8章時点)

サタンキャラ紹介
サタン
スポンサーリンク

第8章途中時点、2020年7月1日時点での未実装メギドをまとめています。

ネタバレを含みますので気になる方は他の記事へ!!笑

最終更新日はここに追加していきます。

前回作成した第7章終了時点の記事は↓↓↓の記事へ↓↓↓
トーポのことにも触れています。

ガギゾン

昔から重要な会議にも出席していたようだ。
ガギゾン

初登場はCブニの獲得イベントである”上書きされた忠義”

その他の登場は
シャミハザのイベントの”二つの魂を宿した少年”
ハックのイベント”見習い女王と筋肉の悪魔”の冒頭。
Cカスピエルのキャラストにも登場。

メギド8魔星で最強の2大メギドの1体とされるベルゼブフの配下で『フライナイツ』に所属していることが判明しています。

9章が”フライナイツ因縁編”であると発表されているので現段階では9章で仲間になるのではないかと予想しています。

初登場から幾度となく登場しているにも関わらず未だに実装されていないメギド。
未実装メギドで一番有名なのはガギゾンかもしれない。

メギドの真時計にはメギド体が登録されていた頃もある。
片手が右手が武器にみたいになっていたメギド体。

ネビロス

ネビロス
ネビロス

メギドラルの銃はすべて彼女製??
カウボーイみたいな容姿。

オリエンスが登場するイベントで名前が登場。
銃はネビロスが作ってくれていると発言していました。

そして彼女のキャラストで姿が公開。
全然要求通りに作らずすべて違う形状で作ってしまうらしい。笑

彼女もどこかイベントで登場すると思われます。

リリス

リリス
リリス

リリムと同じ夢見の者。

登場は『星間の禁域』へ初めて突入したときのストーリーのみ。

星間の禁域ではフロア防衛戦など様々な要素を実装したいと考えていると宮前プロデューサーが幾度と発言しているのでその中で条件を満たすことで召喚できたりするのではないかなと予想しています。

星間の番人みたいなものなのでストーリーやイベントに関わってくるのは難しいかもしれません。

アルマロス

アルマロス
アルマロス(若いVer.)

複数の軍隊を統率していた元”総司令(レガトゥス)”

イベント『不死の幻獣と失いし過去』で初登場

ブネが統率していた軍団の上の上。
アルマロスからするとブネは傘下の傘下の軍団長

下過ぎて面識はなかったらしい。

ブネの復讐したい相手と同じメギドのデミウルゴスに恨みがある。

普段はフォトンの消費を抑えるため老婆の見た目にしている。

アルマロス(老婆)
アルマロス(老婆Ver.)

すでにソロモンとは”契約済み”
ただまだ召喚はしないでくれとのことなどでそのうち実装はほぼ確定。

イベント加入なのかガチャ実装なのか気になるところ。
なんらかのイベントで再接触時に召喚だと予想されます。
真時計にも一度登場しており、メギド体は女体に羽が生えた姿。

ヴェルドレ

ヴェルドレ
ヴェルドレ

長命者。

メギドの日イベント『ダムロックと4人の不死者』にて初登場。

ソロモンの祖父の話なのでかなり前にダレモコンの街で踊り子をやっていた。
長命者なのでまだ生きているはず。

見ていた観客がいずれ伝説みたいになると発言していたのでテルミナスで登場するか…!?

コシチェイ

嫌われ者と自覚あり
嫌われ者と自覚があるコシチェイ

北の理術研究院の長。

イベント『守りたいのは、その笑顔』でヴィランとして登場。
『暴走少女と呪いのシナズ島』にて再度登場!

不死身のメギドとして登場し、メギド体ではなく幻獣体で戦っていた。
ヴィランっぽさしか出ていなくて色合いもモブ寄りなので専用グラonlyの可能性もある。
性格や研究の残忍さ的にも仲間は厳しいか。

8魔星が全員仲間になる保証はないし、重要なポストの敵は今後固定グラ多く出てくる可能性もある。

幻獣のメギド化も研究対象だったようなのでベヒモスとの関係も気になるところ。
星6になるとベヒモスは仮面ができるのですが、関係は果たして・・・。

今後もイベントやストーリーで絡んでくる可能性があるメギドです!!

マモン

マモン
マモン

現メギドラルでマグナ・レギオを牛耳っているメギド8魔星』の一角。
シトリーの友人である。

初登場はリジェネレイトのシトリーのキャラスト
ハックのイベントである”見習い女王と筋肉の悪魔”にも登場
そして第7章の最後と第8章に登場。

オリエンスの発言であった銃を使用する強いメギドはおそらくマモン様のこと
そしてサレオスマモンの副官であることが判明しています。

実装されればバレットアーツがさらに強化されそうです。

加入は第8章のどこかではないかと予想。
サレオスはソロモンたちとマモンを会わせるつもりのようですしマモンも接触してこようとしているので8章でなにか動きがあるのは確実です。

メギド8魔星が仲間になると戦局的にもかなり大きいことになりますがどうなるのか楽しみです!!

サタン

サタン
サタン

メギドの日のイベント『ダムロックと4人の不死者』にて初登場。

メギド8魔星の1人でベルゼブフと共に大罪同盟を裏切り8魔星を発足させた。

黒い犬の姿でヴァイガルドへ潜入していた。
この頃までは部下ではなく自らヴァイガルドへ偵察に行っていた模様。
言葉も発さないようにしていた。

黒い犬のナンバー000

サタンといえば”魔王”をイメージしてしまいますがメギドで最強じゃないのかなぁ…?
一応ベルゼブフと並んで最強とは言われている。

意外と部下思い…?
意外と部下思い…?

このベルとはベルゼブフ??ベルフェゴールのこと…?
仲間になるのか??

まさかこんなところで登場するとは思わなかったので驚きました。

時計にメギド体が登場したメギド

一時期真時計にメギド体がいくつか登場していた時期がありその時に出ていた名前を紹介。

マゴト

真の16に掲載されていた。
昆虫っぽい感じのメギド体。
英語で蛆とつづりが似ているため語源の説もある。
ベルゼブフ関係…?

ミノソン

真の24に掲載されていた。
食虫植物のハエトリグサのようなメギド体。

バラキエル

真の30に掲載されていた。
人型に触手みたいなのがたくさんある見た目のメギド体

マステマ

真の34に掲載されていた。
下半身が爬虫類のような感じに見えるメギド体。

ブリフォー

真の35に掲載されていた。
サソリのようなメギド体。

名前だけ登場した大物メギド

名前だけ登場しているメギドで大物なので固定グラが予想されるメギドを紹介。

ベルゼブフ

メギド8魔星の1人でサタンと共に大罪同盟を裏切りメギド8魔星を発足。
現在はヴィータ体で安静にしている。
ユフィールにより診られていたが担当していた時期では良い状態に回復はしていない。

ユフィールの発言
Cユフィールのキャラストより

ルシファー

懲罰局のトップ。
メギド8魔星。

プルトン

サタナキアの研究を中止にしようとしたり力を持つメギド。

プルトンは大物
プルトンの名前の登場

8魔星ではない…かな?
後に登場すると思います。

デミウルゴス

ブネの軍団を滅ぼした命令を出した張本人

デミウルゴス
デミウルゴスを倒す!!

アルマロスとの因縁もある。
今後固定グラではないにしろ敵として登場が期待。

あとがき

未実装メギド8体とその他の紹介でした!!

また登場するたびに更新していきます。
前回の記事はもうこのままにします。

一度掲載したメギドは実装後は実装時期を記載の上残していきますのでご了承を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました